スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産方法について。助産院での出産など

息子が生まれたときの前回のお産は、かなり予想外でした。
緊急帝王切開となり、息子はNICUに入院しました。

なので、今後の私自身の出産方法は、かなり限られています。
しかし、これも一応育児ブログなので(最近めっちゃ放置だけど・・・)
これから出産する方も目にする可能性があると考えて
最近気になっているブログを紹介したいと思います。

それは、こちらのブログ「助産院は安全?」です。
助産院での出産で、お子さんをなくされた方が運営されてます。

開業助産院をやっている助産師さんの中には
それが良いと信じて、母子にとって危険なことを勧めたりする方がいることや
(新生児の脳出血を防ぐためのK2シロップを与えないなど。)
助産院や、自宅での出産についてのリスクが書いてあります。
そのほかにも、お産に関するいろいろな問題についても取り上げられています。

私も、一度は助産院での出産を考えたこともあったし
ほとんどの人は、それで問題なくお産ができると思いますが
病院での出産と違うリスクがあることは知りませんでした。

しかも、最近は「自然なお産」とかそういうのが流行っていて
「病院での出産は思い通りにできないよくないもの」
みたいな考え方が、広まってきているそうです。

まぁ、変な思い込みでもって病院を嫌って
健診にも行かず自宅出産を試みて
いざお産って時に何か起きても自己責任ですので
別にいいんですけど、
病院にいかないことにはリスクがあるんだよ。
というのを、一人でも多くの人に知ってもらえればと思って書いてみました。

たぶん、そういう、
病院での出産は乱暴で自然じゃない
と信じて疑ってない人たちは、
既往帝王切開歴のある私がこんなこと言ってても
負け犬の遠吠えと思うのでしょうけれど。

そんでもって、きちんと正しい食事を摂ってれば
早剥になんてならなかったわよ。
とか言うんでしょうけど。

興味があったら、見てみてください。
スポンサーサイト

出産って予想外

今回のふーちゃんの出産は自分が思っていたのと
まったく違う、少しも予想してないことがおきた。
早期剥離が起きたときの胎児の死亡率を考えると
母子ともに無事で、子宮も温存できたから
喜ぶべき展開なんだと思う。
でも、どうしても娘を生んだ時と比べてしまって
いまだに、なんであんなことになったんだろうと思ってしまう。
だるい、だるい、と言ってあんまり動かなかったのがいけなかったのか
とか、
夫にそそのかされて(?)甘いものばかすか食べてたのがいけなかったのか
(でも毎回尿検査は問題なかったし、むくみもなかった)
とか。

もう体も回復してるのに、気がつくとそんなことばっかり考えてしまっています。
妊娠線はできなかったのに、傷がバーンと残っているから
という、自分のことしか考えてない理由からなんですけど・・・
でも、この先子供と海やプールに行ったときに
ビキニが着られるように産後の体型戻しちゃんとしよう
(今までビキニを着たことがないので、そもそも妙齢になってから水に入ってない)
などとウキウキ考えていただけに傷が残って余計へこみます。
っていうか、自分がまだ若い女子のつもりだからますます気になるのかな。
緊急帝王切開だったから、縦に切られてるし
縦に切られていると、次のお産は自動的にまた帝切だし。
もう2度とお腹切りたくないし。
まだふーちゃん生まれたばっかりで次のことを考えるのも
気が早いですが、3人かそれ以上いてもいいなーと思っていただけに
色々考えてしまいます。
帝王切開した後に自然分娩することをVBACというらしいですが
VBACができるためには色々条件があります。
(前回の傷が横切り、術後発熱していない、など様々)
その条件をクリアしていても、VBACは子宮破裂する可能性が
非常に高いみたいで、ネットで見ているとすごいリスキーなんだな
と思わされます。
(この情報を見ているとますますウツになる)

今こうやって書いてみたら、自分も息子も元気なのに
いつまでもウジウジしてるのも変なことだな
と思えるようになってきました。
(夫にはいつもこうやって言われている)

たぶんもうしばらくは気になるんだろうけど、
三十路近くなったりしたらそんなこと考えなくなるかな。
(小皺とかほかのことが気になって)

0months_004.jpgs0months_005.jpg







新生児の割には顔がはっきりしてる気がしますが
みんなこんなもんかな??

s0months_006.jpgいい子いい子。
ふーちゃんのことを何だと思っているのか
わかりませんが、
チューしたりギュ-っとしたりしています。
(ちょっとこわい)
ふーちゃんのファーストキスはぷーのんです。

手術~術後当日

常位胎盤早期剥離の疑いがあると言うことで、
普通に生まれるのを待っていたら
胎児が助からないだろうってことだったと思うんだけど
モニターで弱弱しい胎児の心音を聞きつつ
陣痛に耐えながら、手術の説明なんかを聞いていた。

エコーしてもらった女医さんに
「今まで前置胎盤だと言われたことはないか?」とか
「前回の健診で胎児の体重はどのくらいって言われた?」とか
聞かれた。

確か、4ヶ月くらいの頃に「前置胎盤気味かも。」と言われていたんだけど
その頃の前置胎盤気味というのは、子宮が大きくなるにつれて
伸びていって直ることが多いって話だった。
実際、最近の健診では「心配ない」って言われたし。

女医さんの口ぶりだと、毎回毎回胎児の体重を教えてもらってる
のが当たり前みたいな感じだったのが気になる。
私のいつも見てもらってる先生は、
胎児の体重とか聞かない限り教えてくれないのだ。
でも、前のときはたまたま聞いてたのでその体重を答えた。

普通、帝王切開のときは局所麻酔である硬膜外麻酔
と言うのが用いられて、それは術後も麻酔とか鎮痛剤とか一定の間隔で
入れられるものらしい。
でも、これは麻酔が効くのに時間がかかるそうで
私は一刻を争う状態だったので全身麻酔で手術することに決まった。
局所麻酔だったら、意識があるから出てきた赤ちゃんを見ることができるけど
全身麻酔は眠っちゃってるから出てきた赤ちゃんをすぐに見ることはできない。
しかも、全身麻酔は赤ちゃんにも麻酔がかかってしまうので
手術の用意が全て整って、「さぁ、もうはじめられます」
と言う状態になってから麻酔をかけますと言われた。

手術室に向かう間も一定の間隔で痛みが襲ってくる。
(でも、痛くなくなる瞬間はない。それ程でもない痛みに激痛が加わる)
でも、手術の用意をしなくてはならないので
ずっと仰向けで、自由な体勢をとることもできない。
ベッドから手術台に移してもらうのも相当辛かった・・・
手術室はすごく寒くて(私には)ガタガタ震えるほどだった。
手足も勝手に震えてしまうので、固定されていた気がする。
出血しすぎのせいでこんなに寒く感じるのかと思ってたけど、
頭のところに立ってた麻酔科医は「緊張しなくても大丈夫だよー」
と声をかけてきた。
この状況で緊張しないの無理だろ・・・と思いつつ痛みに耐える。

体のほうが見えなくなるように首あたりに布が下げられて
体の上にシートがかけられて、その下は全裸にされてしまった。
(これでますます寒くなる)
シートのお腹の部分が開いて、何かが塗られて準備が整ったようだった。
まだ麻酔が掛かってなかったのに、担当の産科医がフライングで
パチっと痛いことをしてきた。小さく「いたっ」と言ったら
麻酔科医が「先生、まだです!」と言ってた。
麻酔が効かない間に切られたらたまらんと思っていたのに
本当に痛いことが起きてしまった・・・
その後、本当に麻酔がかけられ4呼吸ほどですごく眠くなった。
(この麻酔の効き方には驚いた)
「限界まで目を閉じないぞ」と思っていたから
寝る直前なんてひどい顔をしていたかも・・・

その後は、当然何も覚えてなくて気がついたら病室にいた。
痛み止めの点滴をしててかなり意識朦朧だった気がする。
全然覚えてないけど、夫に何度も同じことを聞いていたらしい。
この痛み止めの点滴はモルヒネだと言うことを後になって知ったんだけど
麻薬だけあって、本当にうそのように楽になる。
効きはじめると、眠くなるんだけどね・・・
結構、普通に考えて話すのも辛いくらいフワーっと眠い感じになるのだ。
いつの間にか眠っちゃってて、目が覚めた瞬間は全く痛くないんだけど
しばらくすると地獄のような痛みが襲ってくる。
鎮痛剤の効き目が切れてくると胴体部分全てが痛くて
普通に動かせるのは手足だけと言う状態になる。
お腹が痛くて痛くて微動だにしたくないんだけど
仰向けに寝てるだけだと尻とか下になってる部分が痛くなってしまう
ので、かなりの労力を使って横向きになる。
横向きになってもまた痛くなるのでまた仰向けに戻るの繰り返し。

何処もかしこも痛くて、今後元通り元気になれるとはとても思えなくて
2人目も普通に産んでる人のが多いのに、何で自分は・・・
とか色々考えて泣いてばかりいた。
泣いても痛くて、ますます泣けてきて
「なんで、なんで・・・」といつも思っていた。
子供は術後すぐほかの病院のNICUに運ばれていってしまったので
元気なのかどうなのかもわからなかったし。

全体的に朦朧としてて良く覚えてないんだけど、
術後当日と翌日はほんとにほんとに辛かったです。
帝王切開で子供を産むのは2度と嫌だし、
今後は下から埋めないならもう子供はいらないって感じです。

出血、入院、緊急手術まで

9月26日の深夜、しょーぱんの最終回と言うのを見ていた。
ダラダラしつつ、ゴミを出さなきゃなーとか思いつつ
歯磨きをし終えた頃お腹が痛くなりだした。
確か、1:20くらいだったんじゃないかと思う。
番組では、しょーぱんのブログのタイトルを考えよう
とか言うコーナーをやってて、夫はそれを見て暢気に笑ってた。

結構痛かったし、ずっとお腹も張ってたんだけど
我慢できないほどではなかったのと、
若干ゲリっぽい感じの痛みだったから様子をみていた。
30分くらい我慢して、なんかおかしいかもと思い始めて
夫に30分くらい前から結構お腹が痛いことを訴えた。
(テレビに夢中になってて3回目くらいでやっと気が付いた。怒)
我慢している間に3回くらい強い痛みの波があった。
あと、30分間痛くなくなる瞬間はなかった。

ここで、病院に1回目の電話。
(私は変に気を使うところがあるので、
病院のスタッフにも無駄に迷惑をかけたくないと思い
電話すべきか否かかなり悩んだ・・・)

しかし、電話をかけている間に痛みが弱くなる。
また、今までの経過から判断すると
とりあえず朝まで様子を見て、病院が開いたら受診してください
とのこと。
2時過ぎて、やっぱりまた痛みが復活してくる感じ。
我慢できないほどではないけど、腰のほうまで痛くなる。
(因みに娘の陣痛のときは腰に来た)
微妙に、痛みに波があるがとりあえず寝ることに。
布団に入っても、痛みが気になって眠れず
波が来ると声が出てしまう感じ。
間隔はバラバラで長いけど、陣痛っぽい。
それでも耐えていたら、3時過ぎてサーっと何か出る感じがした。
破水したのか??と思ったけど、電気をつけてみたら血だった。
かなりの出血で、簡単にジャージまで染み出てくるくらい。
急いでまた病院に電話し、その間夫が車を取りに行ってくれた。
(我が家の駐車場はマンションから5分近くかかる)
今度は病院からも入院の用意をしてすぐ来てくださいと言われる。
電話をかけたのが3:19だった。
夫は日ごろから「血が嫌い」と言っているが
いざと言うときビビッて何もできない人じゃなくて良かった。
電話してる間に使ってたバスタオルと予備としてもう1枚持って車へ。
布団から玄関に移動する間にも出血は止まらず床にも血がたれた。
エレベーターを降りたところで血の塊が出る。
まるでドラマのように足まで血が伝って出ていた。
出血が多いせいか、歩いたらかなりフラフラした。
よく覚えてないけど、この頃から胎動がなかった気がする。

病院について、すぐモニターをつけられた。
胎児の心音はかなり拾いにくくなってた。
なんとなく子供が下がってる気がしてたけど、
いつもよりかなり下のほうで心音が聞こえてた。
だいぶ意識が朦朧としてきてて、痛みもかなり強くなってたけど
少しでも赤ちゃんが苦しくないようにと思って
痛みの波が来てるときも、すごい頑張って息をするようにしていた。
(おかげでのどの調子が悪くなって、唇はがさがさになった)
その間も血圧測ったり採血されたり点滴されたりしていた気がする。
っていうか、かなり出血して病院にいったのに
着いてからも結構血を抜かれた。
そのあと、女医さんがエコーでお腹を見て血の塊が見える
みたいな事を言ってた気がする。
やっぱり、緊急手術になりそうみたいなことも。
そのときは、担当の先生が病院にいなかったようで
先生が着き次第手術ってことになった。

常位胎盤早期剥離

今回、ふーちゃんを常位胎盤早期剥離で出産し
自分の運のよさを実感しました。
出産から時間が空きすぎないうちに記録しておこうと思います。
長くなりそうなので、何回かに分けて書く予定です。

まずは、「常位胎盤早期剥離」について・・・
超簡単に言うと、
「正常な位置にある胎盤が、胎児よりも先にはがれてしまうこと」で、
はがれる度合いによっては母子ともに死亡ということもあるそうです。
因みに、胎盤の正常な位置とは、子宮の上のほうです。
部分的にはがれる場合と、全体がはがれる場合があり
全体がはがれてしまうと、胎児はまず助からないみたいです。
常位胎盤早期剥離を起こした場合、
胎児は30~50%の確率で死んでしまうそうです。
低くとって3人に1人、高くとって2人に1人死んでしまうってことですよね。
そう考えると、ふーちゃんが助かったのは
ホント、ラッキーだったなと思えます。

そして、典型的な症状として、「お腹が板のように固くなる」
と言うのと「動けなくなるくらいの激しい痛み」と言うのがあるみたいですが
今回の私の経験から言うと、これは部分剥離には
当てはまらないんじゃないかと思います。

詳しいことは、下のHPを見てもらうといいと思います。
http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/2006/01/post_754a.html


私は、今回自分が常位胎盤早期剥離で出産するまで
そういうものがあると言うことを知りませんでした。
(でも、後から考えたら前に見てたドラマ「14才の母」の中で
胎盤早期剥離出てきてた)
今回の妊娠も、尾てい骨や恥骨が痛かったりだるかったり
とマイナーな悩みはあったものの
健診の時には特にトラブルも指摘されず
娘の時同様何事もなく予定日を迎え
予定日あたりに陣痛が来て経膣分娩できると信じていました。
それは、ふーちゃん妊娠中のエントリーからもわかると思います。
しかし、実際にはそうではありませんでした。

出産後は、緊急帝王切開になり、
術後は痛み止めの効果が切れるたびに激痛が襲ってきて、
どうしてこんなことになったんだろうと泣いてばかりいました。
出産っておめでたいことですが、こんなん全くめでたくないし・・・
とずっと思っていた気がします。
夫にも家族にも、余計な苦労をかけることになったことも
申し訳なくて、考えること全て涙の原因になってました。
しかも、泣きはじめって思いのほか胸部に力が入るようで
泣くと胸(肋骨部分)が痛くてそれもまた悲しかった。
子供は助かったのに、「良かった」「うれしい」と言う気持ちは皆無でした。

後から、常位胎盤早期剥離について色々ググってみたら
それが原因でお子さんをなくされてる方が結構多いみたいで驚きました。
今なら、子供も助かってよかったと思えます。

     
プロフィール

ちろり

Author:ちろり
2007年春、大学在学中に娘を出産。
卒業と同時に専業主婦となり、
2008年秋には、長男
2011年春には、二男を出産
3児の母となる。
長男のときは、常位胎盤早期剥離で緊急帝王切開を経験。
地獄を見る。
努力はしていませんが、所帯じみたくない!!
と思っています。
どーでもいいことしか書いてませんが、コメント残してくれると嬉しいです( *^ ^*)

より詳しくは
こちら
へどうぞ。

ランキングに参加しています。1日1回クリックしてもらえるとやる気がでます~☆


ちろりの本棚は
こちら

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター


見てくれてありがとう


リンク
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
ベビベビ点取り占い
ストア

☆授乳ブラは超・優秀☆
使えるアイテム盛りだくさん

メンテフリー(マタニティ用品関連_通年掲載)

アイクレオのミルクは一番母乳に近い粉ミルク。毎日ビテツは母乳育児中のお母さんの栄養補給に グリコグループ アイクレオ㈱が運営するICREO SHOP(アイクレオショップ)は、粉ミルクをはじめとした、赤ちゃんとお母さんがよく使う商品を扱う楽しい通販サイトです。

ベビー用品以外のお買い物も便利。まとめて買えば送料もおトク


パルコのオンラインショップ。ブランド数も豊富でお得なキャンペーンも!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。