スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子連れマカオ旅行:THE BUBBLE

macau_19.jpgシティ・オブ・ドリームズ内で行われている、
(この手前にうつっている、丸いのがついている看板に
City of Dreamsと書かれています)
「THE BUBBLE」というショーについて書きたいと思います。

因みに、このハードロックホテルと言うのは、
シティ・オブ・ドリームズの中にあるホテルです。
クラウンタワーズやグランドハイアットマカオもこの中にあります。
私たちが行った時は、まだ近くで工事しているところがあったんですが
何を作っていたのかはわかりません。

このショーは、行きのフライトでCAさんが
最近できて評判もいいと教えてくれたものです。
お値段は無料で、ドーム型のシアターです。
ショーは1回15分、席は無く立ち見です。
開演の1時間前に、チケットを貰って入ります。

11時開演と聞いていたんですが、
11時と言うのはチケットの配布開始時間で
実際の上演は12時からでした。

私たちは、10時ごろベネチアンを出て
ベネチアンの前で写真を撮ったりしましたが
会場のある建物に着いたのは5分後くらい。
その後、上演される場所を探したり、
11時開演と聞いたけど、どうなってるの?
と言うのを確認するために15分くらい費やしました。

最終的に、2階のチケット売り場でチケットを受け取り
12時に1階の会場でショーを見るということを発見しました。

因みに、チケット配布時には中国人が行列を作っていて
急いで並ばなきゃ!!
と思いましたが、別に並ぶ必要はありませんでした。

そして、チケットは1人1枚しかもらえないので
家族で見たいけど、お父さんが代表で並んで全員分貰う
ということはできません。

とりあえず、11時にチケットを貰うというのがわかった時点で
まだ時間があったので、いったん別行動をとって
主人のお父さんとお母さんがチケットをもらってくれると言う話になりました。
(このときは、まだ1人1枚しかもらえないと知らなかった。)

10:45くらいになって、様子を見に行ったら
なんと、チケット売り場に行列が・・・
これは大変だ!と思って1人で並んでいたんですが
チケットは1人1枚しかもらえないと書いてある・・・
ごねたら、人数分もらえるだろうか、
しかし、私はそういう、ごねるのとか苦手だし。
と1人で悩んでいたら、他の皆も来て事なきを得ました。

それから、また12時まで別行動になり
私たちは主人が娘を抱っこしっぱなしで
腰が痛い、疲れた、カフェで休みたい
と言ったので、時間までカフェでくつろぐことにしました。
その間に、娘は昼寝をし、私たちもソファ席でゆっくりできました。

また、開演15分前になって会場の前に行くとすごい行列。
その時は、立ち見と知らず、早く並んだほうが
いい席が取れると思っていたので急いで列に並びました。
しかし、皆がつく頃には、私の後ろにもかなり人が並んでいたことと
そんなに一生懸命にならなくてもいい
と言うことで私の頑張りはムダになりました・・・

しかも、中に入ったら、なるべく外側にいたほうが見やすいです。
天井(というか周り)を見上げる格好になるので、中心にいると辛いかも。

macau_16.jpg

バブルのオブジェ。
うつっているのは知らない人。笑。

macau_17.jpg

水と龍がテーマらしく、海の中にいる感じ。

macau_18.jpg

くらげみたいなのも出てきます。

↓ショーの様子。

[高画質で再生]

THE BUBBLE

[広告] VPS

[高画質で再生]

バブル

[広告] VPS

ショーは、始まりは穏やかなんですが
途中からドラゴンが出てきて激しくなるので(音も大きい)
娘は、寝起きでテンションが低かったこともあり
怖がっていました。
ふーちゃんは、結構うるさかったにも関わらず
ずっと寝ていました・・・

未就学児にはちょっと微妙かもしれないです。
まぁ、子供の性格によるでしょうけど。

私は、かなり気に入りました。
しかも、無料と言うところがいい。
もし、またマカオに行くことがあったら、もう一回見に行ってもいいなー
と思います。


↓クリックお願いします↓
FC2BlogRanking

なんか、最近動画を2つ載せると、有料会員と言うのが出ますね。
別に有料会員にならなくても見られるので、再生クリックしてみてくださいね。
スポンサーサイト

子連れマカオ旅行:1、2日目

さて、子連れマカオ旅行、いよいよ旅の話です。

1日目は、夜8時半ごろマカオに到着しそのままリムジンバスでホテルへ。
チェックインを済ませて、荷物を部屋に置き
ホテル内で夕食を食べることにしました。

時間も遅かったし、色々探している暇はないだろう
ということで、事前にホテルのHPでどこで食べるかを
調べていきました。

因みに、「ルームサービスが子連れには便利」
とネットに書いてあったんですが、若干割高だったのと
ぷーのん・ふーちゃんはたいして手がかからず
一緒に外食するのが大変ということは無いので私たちは利用しませんでした。

で、最初の日の夕飯の候補には、
ビュッフェ式のレストランとホテルのフードコートがありました。
主人は、フードコートあまり気が進まないようでしたが
結局その日はフードコートで夕食を食べることになりました。

食事の写真とか、一切無いのですが
フードコートは色んな店が沢山入っていて
日本のラーメンみたいなものも売っていました。

とりあえず、時間も無かったし
メニューはほとんど中国語でよくわからなかったので
(どれも写真入りで出ていましたが)
私と主人は、ワンタン入りラーメンみたいなものを食べました。

なかなかおいしかったです。
ただ、なぜか日本の麺類と違って
ものすごく麺が絡まっていたのが気になりました。

そして、次の日は朝ごはんをビュッフェ式のレストランで食べ
少々観光しに行きました。

macau_19.jpgまずは、CAさんに教えてもらった
ただで評判のいいという「バブル」を見に
向かいのハードロックホテルへ。

「バブル」については、動画もあるので
それだけでひとつ記事を書きたいと思います。
こちら

これは、無料だし、その割にはクオリティも高いので
ホントにオススメです。






macau_15.jpg

これは、ベネチアンのショーです。
バブルに比べると、余興と言う感じがしなくも無いですが
一応、上演時間も決まっていてショーと呼ばれています。

macau_13.jpg

その後、ベネチアンのあるコタイストリップから橋を渡って、マカオ島へ。
橋からの景色です。
すごいホテルが沢山建っています。
因みに、これは「wynn」

macau_14.jpg

これは、どこだか忘れてしまいましたw
でも、奥にこっそり見えている、3色のホテルが気になって撮った写真なんです。

macau_12.jpg

これは、リスボアですね。
因みに、リスボアは、グランドリスボアとリスボアがあるそうです。

グランドリスボアには、刀削麺の有名なレストランがあります。
味は、マカオにしてはおいしいけど、日本人からしたら普通だそうです。
そんなに、感動するほどの味ではないらしい。

macau_10.jpg

マカオでは一番有名と言えるくらいの壁。
確か、セントポール大聖堂です。
この教会は他の部分は焼け落ちてしまって、この壁部分のみが残っているの。
壁の向こうに、ちょっとした展示スペースがあります。
ミイラの一部みたいなものもありました。

macau_09.jpg

セントポール大聖堂の中に飾ってあった絵。
脇の天使がありえない。よね?と思って撮ってきました。

macau_11.jpg

これは、セントポール大聖堂の壁を背にした風景。
両脇に色んなお店が並んでいます。
これまた有名なセドナ広場に続いているの。
歩いて2、3分ってとこでしょうか。

macau_08.jpg

最後のこれは、マカオで毎年11月ごろ開かれる、
澳門美食節(マカオ・フードフェスティバル)で上演されていた劇です。
多分、伝統芸能みたいなものなんじゃないかと思ったんですが
なんなんでしょうかね。

ここには、上海蟹を食べに行きました。
でも、「すごい規模のお祭り」みたいな感じで
屋台が沢山並んでいるだけです。

夜は、結構冷えるし、みんなはそういうのじゃなくて
ちゃんと中で食べると言うのを想像していたようで微妙でした。
蟹がどこに売っているのかも探すのが大変だったし・・・
でも、おいしかったので、まぁ、いいかな。と言う感じでした。
上海蟹ってほとんど食べるとこありませんでしたけど。

では、3日目に続きますー。
「バブル」も見てね。

↓クリックお願いします↓
FC2BlogRanking

子連れマカオ旅行:ヴェネチアンマカオリゾート

今日は、ホテルの話です。
今回私たちはかなり豪華なホテルに泊まりました。

ベネチアンマカオリゾート

ベネチアンのお部屋は、全てスイートらしいです。
普通のスイートと、豪華なスイートがあるの。
私たちが泊まったのは、もちろん普通のスイート。

それでも、十分すぎるくらい豪華なお部屋でした。

ってか、基本的にベッドにしかいなかったから、
リビング的なスペースは要らなかった感じ・・・

macau_04.jpg

こちらが、リビング。
書斎においてあるようなイメージの机が右上の椅子のところにあって
その上に多分ファックスと電話とレターセットなどがおいてありました。
左のテレビのあるチェストには、冷蔵庫とティーセット。
ビジネスホテルとは違って、ティーバッグも8種類ありました。
そして、右の手前にコーヒーテーブルと2人がけのソファと1人がけのソファ。

macau_03.jpg

これが、ベッドです。
ぷーのんが1人で登れないくらい高いの。
手前に、踏み台みたいなのがあって、それを利用して上り下りしてました。

サイズは、なんだろう・・・家族4人で寝ても大丈夫な感じでしたけど。ダブル?
枕の上にアップライトがあって、本を読んだりするときに便利なんだと思います。
そして、お姫様のベッドのように頭のほうだけカーテンをかけることができて
スタンドライトを消さずに、暗くしたい時に便利でした。
(先にふーちゃんを寝かせる時とか・・・)

とにかく、ベッドが高くて危なかったので
大量にあったクッションをうまく配置して落っこちないようにしました。

macau_02.jpg

洗面所は、左奥にトイレがあり、右側がお風呂になっています。
シャワーボックスって感じのシャワー、と浴槽が別になっていました。
浴槽は、シャワーカーテンとかも何も無くてオープンです。
そして、左の手前に化粧台があって、かなりの広さでした。

因みに、シャワーは固定式で伸びないので
持って行ったタッパーが役に立ちました。
基本的には、泡風呂に入って、最後に流すという方法で
お風呂に入れたんですけど、流す時に便利でしたね。


macau_01.jpg

お風呂に腰掛けるぷーのん。
この右側がシャワーです。


ベネチアンは、宿泊施設とショッピングモールとカジノが一体になっています。
(まぁ、マカオのホテルはほとんどカジノはついているんですけどね・・・。)
ショッピングモールは300点以上入っているらしいです。
そして、隣にこれまた広いフォーシーズンズショッピングモールがくっついています。

基本的には、高級ブランドみたいなのが多くて
日本より少し安いくらいの値段で売られています。
正確な高級ブランド品の値段なんて知りませんが・・・

ゴディバのビスケットはだいぶお得だったんじゃないかなー。
ビスケットにチョコがくっついているだけなんですけど
かなりのお値段で、普段日本では滅多に買わないので
お土産に買ってきました。

この広いショッピングスペースには運河があって
その運河でゴンドラに乗ることができます。
(3階なのに、運河があるの)
大人2人と子供1人で約3500円だったので
ちょっと、高いねーってことで、私たちは乗りませんでした。笑。

ゴンドラに乗ると、ディズニーランドみたいに
記念写真を買うことができます。
そんでもって、船頭さんが歌を歌ってくれます。

マカオのカジノは、子供の通行すら禁止で
私たちは、ホテル内を移動するのが結構面倒くさかったです。
真ん中にカジノがあって、1階はカジノを通らないと、どこにも行かれないのです。
ショッピングモールは3階だし、ホテル内のレストランは
カジノを避けて行くことができるんですけどね。
とにかく、広くてどこに行くにも大変でした。

ホテル内のレストランはなかなか良くて
食事はほとんどホテルで済ませました。
しかも、ステーキなどの洋食ばかり。笑。
中華料理は、2日目(?)の昼ごはんしか食べませんでした。

因みに、部屋のカードキーは記念に持ち帰れるそうです。

↓クリックお願いします↓
FC2BlogRanking

子連れマカオ旅行:機内~ホテルまで

子連れマカオ旅行シリーズ第2弾です。

このサブタイトルからも、
私の生理整頓の苦手さが伝わるのではないでしょうか・・・
このシリーズすら、うまい具合に分割できてないって言う・・・

まぁ、とにかく、マカオへの機内では、とっても可愛いCAさんが
とっても親切にしてくれたのでそれを書きたくて敢えて1回分にしてみました。

マカオへの直行便は成田空港からと、関西国際空港から出ています。
成田からは週4回(9月に増えたみたいです)、関空からは週5回出ているようです。
私たちは、マカオ航空を利用して関空から行きました。
因みに、成田ーマカオの直行便を出しているのはビバマカオ航空です(*)。

行きは5時間、帰りは4時間かかる予定でしたが
どちらも30分ほど早く到着しました。
5時間が4時間半になっても、大して違わなさそうですが
子供がいると、その30分は意外と長い気がします。
機内で、「騒がれたらどーしよー」と気をそらしつつすごす30分は疲れます。
(といっても、そこまで一生懸命構う必要はありませんでしたが)

今回は、ふーちゃんがいたため
一番前のバシュネットをつけられる席にしてもらいました。
予約を取ったのも早かったし、
航空会社に直接問い合わせてチケットを取ったので
席も、子供連れということを考慮してくれたんだと思います。

一番前は、映画の画面がほとんど見えなくて微妙でしたが
それ以外は足元も広くてなかなかいい席でした。

マカオ航空のCAは、ほとんどの人が中国語と英語しか話せません。
しかし、関空の便には、名札のところに「日本語」と書いてある人が乗っていて
日本人には、その人たちが色々お世話してくれます。

私たちにも、日本語担当の方が色々気を遣ってくれました。
しかも、子連れだったのでより一層気を遣ってくれた感じです。

彼女曰く、ぷーのんたちくらいの子供が乗ってくることはあるけど
日本人って珍しいそうで、(彼女は日本人だったんですが)嬉しいですといってました。

その方は、今はマカオに住んでいるらしいのですが
ガイドブックに載っていない、おいしいレストランとか
評判のいいショーなど丁寧に教えてくれました。

CAさんってこんなに親切だっけ?というくらい。
レストランへの行き方も、丁寧に教えてくれてとてもいい方でした。
雰囲気も、顔立ちもかわいらしい方で
優しくされてかなりテンションあがりました。
(別に私も優しくしてくれたわけじゃないだろうけど)

ミーハーにも、最後に飛行機を降りる時に
写真を一緒に撮ってもらいました。

主人に撮ってもらって、2人で映ればいいかー
と思っていたんですが、
彼女が係りの人を呼んでくれて、皆で撮ることができました。

フラッシュ禁止の設定になっていて
写真が若干暗いのがちょっぴり残念ですが
ちゃんと映っているので満足です。

普通にお友達になりたいと思ったけど、
メアドとか聞いてみても、そんなにメールしないだろうし
あんま意味だろうな、教えてくれるかわかんないし
と思ってやめました。
名前だけでもしっかり覚えてくれば良かったです。

因みに、帰りのフライトにはいませんでした。

macau_05.jpg

空港ーホテル間は、リムジンバスが出ています。
タクシー使っても、300円くらい。タクシーがメチャメチャ安いです。
行きは、タクシー断られたので、リムジンバスに乗りました。

そのバスの中から見たホテル。
これでも全部入りきっていません。
そのくらいでっかいホテルです。ホテル内を移動するのが大変でした・・・

macau_38_b.jpg

ホテルの前で撮った1枚。
大人数で行くと、家族全員映ってる写真がとれるところがいいですね。
主人はシャイなので、顔隠してみました。
ふーちゃんもシャイなのでしょうか、そっぽをむいています。笑。

それでは、機内編はここまでです。
書いてないことで、知りたいことがあったら
コメントに書いて下さればわかる範囲でお教えします。
(おすすめレストランの場所とか?)

↓クリックお願いします↓
FC2BlogRanking

(*)ビバマカオ航空は、9月から便数を増やしたそうで
  月・水・金・日出発だそうです。
  成田からは、21時発0時過ぎマカオ着
  帰りは、マカオ14時半発19:45成田着という感じみたいですね。
  私が、調べた時は、成田を深夜1時に発みたいに出てきたので
  全く候補に入れてなかったんですが、もっとよく見てみればよかったかも・・・
  参考:ビバマカオ航空

子連れマカオ旅行:出発編

これから数回にわたって、マカオ旅行について書こうと思います。
まずは、出発編(東京→大阪→マカオまで)です。

マカオ行きの飛行機は、関空16時半発の便でした。
なので、当日それに間に合うように移動しても良かったんですが
ぷーのんとふーちゃんがいることも考えて前日に関西に移動しました。

関空に向かう飛行機で、子供たちがぐずって仕方ないようなら
マカオまでは、薬を飲ませて眠らせようと主人と話していました。

薬と言うのは、抗ヒスタミン剤である鼻水の薬です。
家は、ペリアクチンという薬を処方してもらいました。
シロップと粉があるんですが、粉も甘みのあるものなので
それほど飲ませるのが大変と言うことは無いと思います。
因みに、旅行に行くから念のために鼻水の薬をくれ
といって処方してもらいました。

海外では、飛行機に乗せる時に子供に眠ってもらう
と言うのは普通のことらしいです。
日本では、そんな理由で病気でもないのに薬を飲ませるなんて
と抵抗のある人が多いんじゃないかと思います。

私もだいぶ抵抗がありましたが、
飛行機に乗る以上はできるだけ快適にしてあげたいと思い
耳が痛くて泣くよりは薬で寝てくれたほうがいいかと思って
眠らせることに納得できました。

まぁ、そんな心配は全く必要なくて
2人とも、離陸着陸時ともになんとも無かったんですけどね・・・

数日前から、バスや飛行機に乗ることを楽しみだねー
と伝えておいたんですが、それは意味があったのか無かったのかわかりません。
ベネッセの英語教材の中に、バスや電車や飛行機に乗って移動する話があって
それを気に入っていたので、時期が良かったのかもしれません。

羽田までは高速バスで移動して、羽田から関空まで飛行機に乗りました。

バスの中では2人とも起きていましたが、
景色を眺めたりして騒ぐこともなくおりこうさんにできました。

空いていたので、1人一席。
途中、歩いたりしてましたが高速に乗ってからは、座らせておきました。

macau_37.jpg
macau_36.jpg

空港についてから、お昼を食べて、おやつを買って
ヤングジャンプを読んで(木曜日だったからね)
搭乗口へ向かいました。

関空行きの飛行機を待っていたのは
ほとんどスーツを着たおっさんでした。

macau_35.jpg

おやつのメロンパンを早速食べる娘。
パンを食べて、ジュースを飲んで、ウロウロして時間をつぶしました。

macau_34.jpg

いよいよ、飛行機に乗りまーす。
なんか、すごい音がするし、ちょっと怖い・・・

macau_31.jpg

離陸も無事に乗り切ったよ。
関空までは、ぷーのんの席は取りませんでした。

macau_33.jpg

ふーちゃんも、ママのおひざでご機嫌。
隣のおじさんが、後ろの席に行くから広く使って
と言って、どこかへ行ってしまいました。

macau_32.jpg

座席一つ一つに、画面がついていて
映画や飛行状況などが見られるようになっていました。
1つのチャンネルで、「ぜんまいざむらい」をエンドレスでやっていて助かりました。

因みに、ぷーのんは着陸直前で寝ましたw

ANAだったんですけど、ジュースも子供用にはフタとストローをつけてくれて
サービスが細やかでした。
それ以外には、特に構ってくれたり、おもちゃをくれたりとかなかったんですけどね。

macau_07.jpg

これから、いよいよマカオへ旅立ちまーす。
ぷーのんが変な顔をしてるけど、皆がカメラ目線って難しいですよね。

このときは、子連れとビジネスの人たちは先に案内してもらえました。
パスポートのチェックも、待っている間に済ませてくれて
チケットを見せるだけで通れるようにしておいてくれました。

macau_06.jpg

機内で。
ぷーのんは、親の思惑通り離陸してしばらくして寝ました。
この日は、2時間くらい前から眠そうにぐずったりしてて
直前になって眠気が飛んでしまった感じだったんですけど大丈夫でした。
4時間半のフライトのうち、3時間近く寝たんじゃないかと思います。

ふーちゃんも、飛行機乗る前から寝ていて
ぷーのんと同じくらいの時間まで寝ていました。

長くなりすぎたので、とりあえずここまでにします。
次は、もう少しマカオへの機内での様子と到着してからのことを書きたいと思います。

↓クリックお願いします↓
FC2BlogRanking
     
プロフィール

ちろり

Author:ちろり
2007年春、大学在学中に娘を出産。
卒業と同時に専業主婦となり、
2008年秋には、長男
2011年春には、二男を出産
3児の母となる。
長男のときは、常位胎盤早期剥離で緊急帝王切開を経験。
地獄を見る。
努力はしていませんが、所帯じみたくない!!
と思っています。
どーでもいいことしか書いてませんが、コメント残してくれると嬉しいです( *^ ^*)

より詳しくは
こちら
へどうぞ。

ランキングに参加しています。1日1回クリックしてもらえるとやる気がでます~☆


ちろりの本棚は
こちら

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター


見てくれてありがとう


リンク
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
ベビベビ点取り占い
ストア

☆授乳ブラは超・優秀☆
使えるアイテム盛りだくさん

メンテフリー(マタニティ用品関連_通年掲載)

アイクレオのミルクは一番母乳に近い粉ミルク。毎日ビテツは母乳育児中のお母さんの栄養補給に グリコグループ アイクレオ㈱が運営するICREO SHOP(アイクレオショップ)は、粉ミルクをはじめとした、赤ちゃんとお母さんがよく使う商品を扱う楽しい通販サイトです。

ベビー用品以外のお買い物も便利。まとめて買えば送料もおトク


パルコのオンラインショップ。ブランド数も豊富でお得なキャンペーンも!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。